すぐの判断は避ける

外壁塗装で注意をするべきこと

外壁塗装で注意するべきことの一つに悪徳業者の存在があるということです。外壁塗装の悪徳業者は年々増えてきておりこれが問題になっています。 悪徳業者の手口は、訪問販売をメインとしており、「今なら半額で施工します」というような焦らせる方法や、「今のままでは危険です」というように不安をあおるような言い方をするのが特徴です。 それでいて、高額な料金を取るのです。 悪徳業者が建築関係に多い理由は、顧客が適正価格を知らないことや、工事そのものに定価がないこと、手を抜かれても気が付きにくいことが挙げられます。 悪徳業者に出会わないためにするべきことは、複数社から見積もりを取ることです。これにより適正な価格がわかるのです。

その種類について知っておこう

外壁塗装をする場合、その種類についても知っておきましょう。外壁塗装の塗料の種類は意外とたくさんあります。 一番ポピュラーで価格が安いものにアクリル塗装があります。アクリル塗装は価格が安いため人気があります。というよりも、他との違いがわからないため、安いものを選んでしまうのですが、いずれにしても金銭面での負担は少ないのが特徴です。耐久年数が8年と短めです。 次にウレタン塗装です。ウレタン塗装は価格はアクリル塗装よりは高めですが、耐久年数は長いのです。塗装の剥がれが気になるところに使えるという特徴があります。 価格が高いものとしては、フッ素樹脂塗装があります。価格は高めですが、耐久年数は20年ほどと長めです。

ページのトップへ戻る